残尿感、排尿痛、膀胱炎に効くレボフロキサシン

膀胱炎に悩んでいる人は多いです。
膀胱炎とは、その名の通り膀胱が炎症を起こしてしまう病気です。
炎症の原因は大腸菌などの細菌が膀胱内に侵入し、膀胱内で増殖してしまう事です。
膀胱炎は女性がなりやすい病気と言われていますが、その原因は男性と比べて尿道が短く膀胱に菌が侵入しやすいという事と、膣や肛門が近いのでそれらから菌が侵入しやすいからです。
また、尿を我慢する事を繰り返してしまうと、膀胱内で菌が増殖しやすくなったり、身体の抵抗力が落ちると感染しやすくなってしまいます。
膀胱炎の主な症状は、トイレに行ったばかりなのにまたすぐ行きたくなってしまう「頻尿」や、排尿時や排尿後に痛みが出る「排尿痛」、排尿時に尿が白く濁ったり残尿感が残るというものも多いです。
症状は人によって差がありますが、痛みを生じる場合はツーンとした痛みを感じる人が多いです。
これをほっておくと場合によっては悪化して症状がより強くでてしまったり、腎盂腎炎など腎臓の病気になってしまう事もあるので、きちんと病院で治す事が大切です。
膀胱炎の治療は服薬治療が基本となります。
膀胱炎に効くとされている薬はレボフロキサシンなどの抗生物質です。
レボフロキサシンなどの抗生物質をしっかりと飲み切る事で、膀胱内の炎症の原因となっている最近を殺すというものです。
レボフロキサシンはニューキノロン系の抗生物質で、従来の抗生物質よりも抗菌力が強いのが特徴です。
いずれにしてもしっかりと飲み切らないと菌が残って耐性がついてしまう事もあります。
また、同様の症状でもヘルペスなど膀胱炎でない場合もあります。
そういった場合バラシクロビルが処方されますが、これもきちんと医師の指示通り飲む事が大切です。